MT 6.1にアップグレードしたよ&EC2microのブログ運営のお金の話を赤裸々に語ります

本日、Movable Type for AWS バージョン 6.1-0 が発表されました

というわけで、このブログもアップデートします。

まずは、スナップショットを作成して、

$ sudo yum clean all
$ sudo yum update

のあと、MTの管理画面から [Begin Upgrade] 的なボタンをぽちっと押せば完了です。簡単すぎます。これで、MT6.1になってData API 2.0 が使えるようになったーい。わーい。

......と、これはいいんです。ここまではいいんです。ここからが問題です。

去年末にこんな記事を書きました。

昨年Xmasに立ち上げてから、64記事ほど書いてきたこの技術ブログの1年を振り返ってみる - 非エンジニアがAWSでMT6のブログをセットアップしてみた日記

「AWS の 無料期間が12月末で終わるそうです。」

そうなんです。終 わ っ た ん で す!

1月分の支払い明済来ましたよ。Billing Statement Available ですよ。

驚愕の支払額は、

$22.93

......ですよね。わかってました。想定してました。

内訳は以下のとおり。

Data Transfer → $3.06

$0.140 per GB - up to 10 TB / month data transfer out   21.361 GB   $2.99

これと、こまごま各国のリージョンへのトランスファーに $0.07 であわせて、$3.06 でした。データ転送のoutってことは、1ヶ月で私のブログたちが皆様のブラウザに読み込まれた容量を総合計すると21.361GBってことかしら。これは画像最適化せねばですね。ブログのテンプレートも、画像をほとんど使わないようにすべきですよね。まあ、見ての通りほとんど使ってませんけど。

EC2 → $14.88

$0.020 per On Demand Linux t2.micro Instance Hour   744 Hrs $14.88

24hours * 31days = 744hours ですよね。わかります。ここは、リザーブドインスタンス(つまり、数年分まとめ買い)で安くなるらしい。

resvd_instance.png

t2.micro の場合はオンデマンドインスタンス(使った分だけ後払い)$0.02/hが、1年使うと確約して前払いなしで $0.015/h になるということです。これは設定しとくべきではなかろうか。どれにしようかな。

詳細はこちら:Amazon EC2 リザーブドインスタンス

EBS → $3.52

$0.08 per GB-month of Magnetic provisioned storage - Asia Pacific (Tokyo)   24.000 GB-Mo    $1.92
$0.095 per GB-Month of snapshot data stored - Asia Pacific (Tokyo)  6.764 GB-Mo $0.64
$0.12 per GB-month of General Purpose (SSD) provisioned storage - Asia Pacific (Tokyo)  8.000 GB-Mo $0.96
Total:  $3.52

ストレージやスナップショットにかかってる価格ですね。不要なものをいくつか削除したので、来月は少し減るといいな。

CT → $1.47

CT for Usage Charges and Recurring Fees $1.47

これは何なのだろう。まだ調べてない。 (2015/02/19 10:23追記:Consumption Taxの略で消費税だそうです。なるほど納得。教えてくださった、ひらひらありがとう!)

というわけで、こちらが複数ブログ(合算でも数万PV/月程度)をEC2 t2.micro上で運営して、Amazon AWSに払うコスト全部でした!このままマイクロだとどれくらいのトラフィックのサイトまで行けるんでしょうね。それと、削減できるポイントに気づいたらぜひともぜひとも教えて下さいませ m(_ _)m